00027 新しい学習観
 

「医学の大半は社会関係ですから、せめて教養学部の時代は社会勉強をしてもらいたいですね」そういった私に、某国立大学医学部のカリキュラム委員長は首を振った。「だめですよ、先生。医学部に入った以上、医学の勉強をしてもらわなければ」

結局、その大学では、教養学部の2年生から解剖学を教えることが決まった。私としては19歳の若者に解剖学など教えても意味がないと確信しているのだが、どうも日本では説得力に欠けるらしい。アメリカで私が教えたメディカル・スクールの学生のほとんどは、教室で習ったことなど何もおぼえていなかった。それなのに、病院で責任をもたせて患者さんを任せると途端におぼえてしまう。インターンをはじめて1年もすれば、もう一人前の口をきくようになる(中田 力)

これはじつは新しい学習パラダイムをよく表すエピソードになっている。


関連情報:
       ◉ エンパワリング (ARCHIPELAGOs 00004)
       ◉ Becomingとしての人間 (ARCHIPELAGOs 00091)
       ◉ 7つのCs (ARCHIPELAGOs 00060)
       ◉ Z. ZPD ( Zone of Proximal Developmentt )

HOME
ABOUT
IDEA
SERVICE
ARCHIPELAGOs