00034 重層的環境と価値創造活動
 

ソーシャル・マーケティングという言葉に、なじみのない方も多いとおもいます。マーケティングという言葉はしかし、企業経営との関連で聞いたことがあるとおもいます。従来耳にしてきたマーケティングというのは、市場の中でどのように企業が行動するのかを考えるものでしたが、今ではその市場の外側に地域社会があって、社会環境があって、さらには自然環境があって、そういう重層的な環境の中で組織は成果をあげることが求められています。より複雑性が増すことになった結果、一社だけでは課題解決できないこともありますので、相互的な協力やネットワーキングも必要です。だから、社会や自然に関わる発想や洞察も必要になってきます。市場の中だけの問題解決を扱ってきた、従来のマネジリアル・マーケティングを超えた全く新しい問題もでてくることになります。これを丹念に研究し、有効な概念枠組み、理論モデル、方法・技法を開発する分野、それがソーシャル・マーケティングという実践の知です。



HOME
ABOUT
IDEA
SERVICE
ARCHIPELAGOs