00050 ソーシャル・キャピタル:ケース1
 

 「ソーシャル・キャピタル」の観念をイメージするにあたって、以下の挿話を紹介してみよう。日大法学部の稲葉陽二が一般向けに書いた一冊のなかで紹介している:

 甲府に、とある温泉旅館がある。ここで番頭を務める「喜十さん」は、3人いる番頭の末席である。酒も煙草もやらず、実直だが話しベタ。見るからに、うだつのあがらない男だ。

 ここでは、喜十さんは、すっかり「間抜けな人間」ということになっている。布団の片づけをはじめ、本来やらなくていい仕事をやらされている。あるときなど、宿泊客が風呂の石畳においたメガネを、喜十さんが踏みつぶしてしまう。

 なんとか懸命に対処しようとはするのだが、女中頭には「阿呆あつかい」され、叱責されるばかりだ。喜十さんは抗弁もできず、涙が出そうになるのをこらえては、ただただ頭を下げ続けるのだった。

 この温泉旅館には、春秋シーズンはにぎわうが、8月と冬場は客足が遠のき、3人いる番頭の中で、なんら取りえのない喜十さんは、決まってこの時期、いとまを言いつけられてしまう。つまりは一時解雇(レイオフ)だ。

 さて一方、ところかわり、伊豆の温泉旅館に「内田さん」という番頭さんがいる。皆が信望を寄せる、じつに気の利いた粋な人物として知られていた。身だしなみも整っており、周囲からは絶大な信頼を集めていた。

 この番頭の名を「内田喜十」という。

 つまりは、同一人物。

 毎年、甲府の温泉地が閑散とするころ、すなわち12月から翌年3月にかけて、そして夏の8月は、あの不甲斐ない「喜十さん」は伊豆へ出向き、そこでは、卓越した番頭「内田さん」に変身する。

 内田さんは、伊豆での仕事を済ませると熱海に宿泊し、ふたたび甲府へ赴くと、そこで喜十さんへと変貌してしまう。甲府では、酒も煙草もたしなまず、勤勉に尽くしているのに、みなから「阿呆あつかい」されている。

 しかし、伊豆の旅館では、酒も楽しみ、ときに朝帰りさえあるが、気の利いた粋な番頭さんだとみなされている――。

 さて、これは井伏鱒二の『掛け持ち』という作品で、原作は、文庫本で28ページほどの短編です。本作『掛け持ち』は、人間の弱さをからめた人情劇の佳作とのことですが、周囲との関係によって一変する、この「番頭さん」のお話は、「まさに、ソーシャル・キャピタルそのものをとらえた話」だといいます。

 伊豆の「内田さん」を取り巻くソーシャル・キャピタルと、甲府の「喜十さん」のそれとでは、同じ人物でも大きく異なっています。

 内田さんのソーシャル・キャピタルは、彼の能力を十二分に発揮させるものであるのに対して、喜十さんのそれは、彼本来の能力を削(そ)いでしまう(喜十さんの場合、周囲からの信頼や、「お互い様」といった互酬性の規範も乏しく、相互の絆で結ばれているというより、孤立しているようにさえ見えます)。つまり、ソーシャル・キャピタルのよしあしが、人びとの能力を高めるか(発揮できるか)どうかに影響する、というのです。

 以上の事柄については、Frits K. PilとCarrie Leana(2009)による論文(「教師のソーシャル・キャピタルは、生徒の学力を高めることに役立つか」をテーマとしています)があるので、また稿をあらためて、紹介してみます。



関連情報:
       ◉ 贈与 (ARCHIPELAGOs 00005)
       ◉ 互酬性 (ARCHIPELAGOs 00079)
       ◉ エンパワリング (ARCHIPELAGOs 00004)
       ◉ Socal capital & Natural capital (社会関係資本と自然資本)
        (ARCHIPELAGOs 00028)
       ◉ 物語と人間の相互関係 (ARCHIPELAGOs 00056)

HOME
ABOUT
IDEA
SERVICE
ARCHIPELAGOs