00071 過度な専門分化の弊害
 

ビジネスの世界では、分業化、専業化、事業部化、支社化、部門分けなど、今日では、細分化された分業の結果、生産現場では特定部品だけを扱う工員が増え、プロダクト全体を見透し、関連構造を理解できる人が少なくなっています。しかしこれは、製造業またはビジネス界にかぎった現象ではなく、現在では、ビジネス以外のどの分野でも、過度な専門分化の弊害が語られるようになっています。タテ割、サイロ化、専門閉塞と呼ばれる社会現象。


関連情報:
       ◉ 未来構想プログラム2016
       ◉ インターミディエイターとは
       ◉ インターミディエイターの貢献 (ARCHIPELAGOs 00111)
       ◉ 未来構想プログラム2016「 インターミディエイター講座 」
       ◉ 未来構想プログラム2015「 インターミディエイター講座 」
       ◉ H. Heterology( タテ割を超え、超領域的アプローチへ )
       ◉ 多様性への投資 (ARCHIPELAGOs 00078)
       ◉ 翻訳の知 (ARCHIPELAGOs 00029)
       ◉ D. Diversity & Dialogue( 多様性と対話 )
       ◉ バロックの知( 流動し、革新する知性 )
       ◉ オープン・イノヴェーション (ARCHIPELAGOs 00042)
       ◉ イノヴェーションの新しい担い手 (ARCHIPELAGOs 00041)
       ◉ トランスペアレンシー (ARCHIPELAGOsOs 00069)
HOME
ABOUT
IDEA
SERVICE
ARCHIPELAGOs