00088 強いリーダー待望論の意味
 

先々の見透しがわるい時代には、強いリーダー待望論が登場してくるようです。カリスマ待望論といっても構いません。しかしこれは、強いリーダーが閉塞状況を打ち破ってくれるのであって、自分自身は変化の場には関与しないという、いわば当事者回避願望が隠れていることが少なくありません。強いリーダー待望論はやがて、強いリーダーへの依存体質を生み出すとともに、消極的な指示待ち人間の増加、「当事者」の不在、カリスマ頼み、ひいては個人崇拝・神格化の温床に。


関連講座:
       世界構想プログラム2018「 インターミディエイター講座 」
       未来構想プログラム2017「 インターミディエイター講座 」
       未来構想プログラム2016「 インターミディエイター講座 」
       未来構想プログラム2015「 インターミディエイター講座 」

関連情報:
       ◉ エンパワリング(empowering) (ARCHIPELAGOs 00004)
       ◉ モノいわぬ顧客たちの変貌 (ARCHIPELAGOs 00066)
       ◉ 当事者の眼と観察者の眼 (ARCHIPELAGOs 00026)
       ◉ ⇔ オープン・イノヴェーション (ARCHIPELAGOs 00042)
HOME
ABOUT
IDEA
SERVICE
ARCHIPELAGOs