00117 まっすぐ歩けない人間たち
 

 「人間とは何か」という問いに対する、うんと古い回答にオイディプスがいます。古代ギリシア神話の登場人物です。オイディプスは跛行者です。そもそもオイディプスという名前自体が “腫(は)れた足” を意味しています。だから、足を引きずったり、左右に揺られたりしながら歩いています。

 ここから、人間とはまっすぐに歩けない動物である、というイメージが現れることになります。まっすぐに歩けない人間が先々の方向感覚を得るために、時代時代で民族や部族の知恵、経験、思想といった座標軸が形成され、それらは「物語」という容れものに蓄積され、継承されていきました。


関連情報:
       ◉ 事故によって試される知性 (ARCHIPELAGOs 00083)
       ◉ 創発社会の特徴 (ARCHIPELAGOs 00102)
       ◉ 先駆者たちの登場 (ARCHIPELAGOs 00033)

HOME
ABOUT
IDEA
SERVICE
ARCHIPELAGOs