00120 顧客層の急速な変化
 

 第2次大戦以前ミュージアムは上流階級のものでした。しかし大戦後、ミュージアムに行くことは中産階級の新たな趣味となっていきます。各地にしだいしだいにミュージアムが現れるようになります。その結果じつに大勢の人たちがアートを楽しむようになりました。こうして戦後、ミュージアムをめぐる顧客層の構造に変化が現れはじめます。

 このような美術愛好家の急速な増加をイノベーションの機会ととらえたひとりの青年がいました。彼はミュージアムに勤務していましたが、本人にとっても意外な分野でイノベーションを実践することになります。その分野とは、損害保険でした。

 彼はミュージアムや美術品収集家を対象とする保険代理店をつくります。それまで美術品に対する保険に乗り気でなかった保険会社が、彼の専門能力を信頼して保険を引き受けました。しかもそれまでの保険料と比べ最高70%も安く保険商品を提供し、この新たな分野で需要を創造していくことになります。


関連情報:
       ◉ 需要イノベーション (ARCHIPELAGOs 00006)
       ◉ 2人のイノベーター vol.1 (ARCHIPELAGOs 00106)
       ◉ 2人のイノベーター vol.2 (ARCHIPELAGOs 00107)

HOME
ABOUT
IDEA
SERVICE
ARCHIPELAGOs