00126 「連動知」による課題解決
 

 エボラ治療薬の開発で、カナダは最先端を走っている。そのカナダに、「NML」という研究所がある。国立微生物学研究所だ。この機関が、アメリカの製薬会社と共同で「ZMapp」を開発したことから、いま広く知られつつある。ZMappは未承認薬ながら、拡大し続けるエボラ出血熱の有力治療薬として期待を集めている。

 同研究所のG. コビンジャーはいう。「(製薬会社間で)競争せずに、共闘すれば、成し遂げられることはずっと大きい」と。彼こそが、その言葉通り、アメリカの製薬会社と連携して、ZMapp開発に道筋をつけていった。

 ビジネス界では、同業者間の不毛な同質化競争、価格競争をあらため、“脱競争”による課題解決と価値創造が、今後の大きなテーマになると考えられている。それぞれの多様な知を持ち寄り、組み合わせ、より有効な結果を生みだす知を「連動知」という。連動的知性を発揮できる場、コミュニティ、関係をつくれるプレイヤーたちこそが、今後ますます求められることになるだろう。


関連情報:
       ◉ 新たな協働パターンの探索 (ARCHIPELAGOs 00082)
       ◉ Bisociationへ (ARCHIPELAGOs 00108)
       ◉ Creative Classさまざま (ARCHIPELAGOs 00094)
       ◉ 重層的環境と価値創造活動 (ARCHIPELAGOs 00034)

HOME
ABOUT
IDEA
SERVICE
ARCHIPELAGOs