00127 方法としての「対話」
 

 近代社会、とりわけ近代産業社会の特色は、与える側(供給サイド)と、受ける側(需要サイド)が、はっきりと別れていたことでした。売り手と買い手、造り手と使い手、自治体と市民、教師と学生、芸術家と鑑賞者、医師と患者など、というようにです。

 これに対して、現代社会の特徴は、こうした素朴な2分化や2極化が終わり、一方的な説得、情報発信、商品生産と販売促進(売り込み)が、かつてほどの有効性を失いつつあることです。代わって「対話」という方法が、あらためて重要視されるようになってきました。立場の異なる者同士が目線をあわせ、相互に関わりあい、より望ましい結果や効果、そして予期せざる新たな成果を生み出そうとするアプローチです。

 今日では、対話なき意思決定プロセスは、需要サイドから大きな不満と反発を招くケースが、さまざまな場面で見られるようになりました。これはビジネスはもちろん、医療や行政なども含め、現場や自他関係をもつ領域でとくに言えることです。(↓つづきあり)


関連情報:
       ◉ 横行する「顧客のドグマ」 (ARCHIPELAGOs 00110)
       ◉ 不思議なビジネス常套句 (ARCHIPELAGOs 00113)
       ◉ 新しい発言者たちの出現 (ARCHIPELAGOs 00068)
       ◉ 物語と人間の相互関係 (ARCHIPELAGOs 00056)

HOME
ABOUT
IDEA
SERVICE
ARCHIPELAGOs