00146 Niall Fergusonの市場観
 

 「資本主義は死んだ」とか「自由市場の終焉」などと言う人もいるが、実際には国家と金融市場は歴史的につねに共生してきた。もし国家財政が窮地に立たされなければ、中央銀行や債券市場、株式市場を生み出した金融革新は起きなかったことだろう。

 金融市場は人間を映す鏡である。人類の欠点が、その美徳と同様にあからさまに映ったとしても、それは鏡のせいではない。
                           ニーアル・ファーガスン
       ( Niall Ferguson, Professor of History at Harvard University )




HOME
ABOUT
IDEA
SERVICE
ARCHIPELAGOs